エビデンスの質の評価や診療ガイドラインの推奨の作成・理解のための明示的なシステムであるGRADEの大きな波が押し寄せており、国内の評価・判定基準は徐々に変更せざるを得ないだろう
Hokusai Big-Wave(自作)

GRADEシステムとは
GRADEシステムの解説サイト

本HPでは(リンクサイト http://www.grade-jpn.com/、ブログ http://aihara.la.coocan.jp/, Facebookhttp://www.facebook.com/morio.aiharaを含め)、根拠に基づく医療(EBM)情報や、システマテイックレビュー、医療技術評価(HTA)、診療ガイドラインなどの理解に役立つ、GRADE システムを紹介しています。

一般の方は、定期的に作成している「健康news」を参考にしてください。

GRADEシステムは、
エビデンス(body of evidence)の質評価や推奨の作成に役立つアプローチです(コクラン共同計画, UpToDate, BMJ, クリニカルエビデンス, ACCP, ATS, IDSAなどでGRADEが採用され、10年以上前から国際的に普及しています)。

・GRADEシステムによるエビデンスの質と推奨の強さ:
研究デザインの種類と数に基づくものではなく、アウトカムを主体とした”統合エビデンス”を評価するのがEBMの基本(Gordon Guyatt)です。残念ながら国内のガイドラインにおけるエビデンスの質評価は、ほとんどが「研究デザインの種類と数」に依存しており、これは見直すべきでしょう。
国内CPG基準GRADEシステムを比較すると違いがよくわかります。


 http://www.grade-jpn.com/
GRADEシステムとはなにか、GRADEをどのように使うのか、診断検査にGRADEをどのように適用するのかを解説しています。
GRADEハンドブックの翻訳版「GRADEシステムの使い方」など、最新のGRADEを理解して、国内ワークショップ、SR/CPGの作成に役立ててほしいと思います。

GRADEシステムに関しては、診療ガイドラインのためのGRADEシステム(初版)診療ガイドラインのためのGRADEシステム(第2版)2版のkindle版が参考になります(アマゾンより購入可能です:左参照)。


EBM (JAMA Users' guides to the medical literature) と GRADEシステム
GRADEシステムは、EBMの教科書として世界的に有名な、Users' Guides to the Medical Literature: A Manual for Evidence-Based Clinical Practice 2nd. ed.(Guyatt et al, McGraw-Hill; 2008)の上級編にも解説されていますが、本書を日本語翻訳したものが、JAMA版医学文献ユーザーズガイド:根拠に基づく診療のマニュアル、第2版(相原 他、凸版メディア、2010)です。
ぜひ、Guyatt教授の「日本語版への序」を一読ください。EBMの基本を学びたい方、システマティックレビューやガイドラインの質を理解したい医療関係者にとって必読です。
また、本書内容をさらに理解するための補助ツール(Word, Excel)を作成公開しました。エビデンスを目の前の患者に適用するというEvidence Cycleの最終ステップを理解できます(EBM関連ワークシート)。


■GATE frameの理解のために
臨床疫学研究を視覚的に理解するためのツールである、GATE frameと、EPIQ(Effective Practice, Informatics & Quality Improvement)グループ開発の一連のCATチェックリストと模範解答の全ファイルの日本語翻訳版を作成し公開しています。


注意:当サイトにおいて公開しているすべての資料について制作者(=管理人)は著作権を保持します。従って、無断転載を禁止します。
勉強会や講義などで使用する場合、必ず制作者までご一報ください。非営利目的の使用目的であれば、再配布に制限はしないつもりですが、当サイトからの引用出典を明記していただくことを条件に許諾します。





健康news(7月)
7月は世界肝炎デー

エビデンスから推奨
GRADEシステムとは?

当院プロフィール

浮世絵ギャラリー
(自作の多色刷り木版画)


GRADEブログ
GRADEブログ
grade-ml
GRADE-japan mailing list

facebook

医学文献ユーザーズガイド

GRADEシステム

GATE frame
エクセル(PICOT)

PRISMA声明
(書籍「診療ガイドラインのためのGRADEシステム」より)