online_supplemental_materials


grade2e

以下の資料は、「診療ガイドラインのためのGRADEシステム(第2版)」(2015年)の記載内容に関連したオンライン資料です。
データの利用や解釈については書籍を参照ください



資料名 ファイルの種類・内容 関連する章
●AMSTARチェックリスト
   ・amstar_checklist-j.docx
・システマティックレビューの”方法論的な質”を評価するツール 4.4.1章
●risk of bias評価
   ・risk of bias.xls
   ・RoBANS-checklist-j.pdf
・エクセル(マクロ)を使ったRCTのrisk of bias
・観察研究のrisk of bias評価チェックリスト
4.4.2章
●メタアナリシスのデータ、またはコマンド  
治療 Bayesian_meta_heparin.docx
RR_scale_with_prediction_Beysian-heparin.txt
・Bayesianメタアナリシスの手順解説: 2015/4/25
・WinBUGSコードとデータ
4.4.3章
Metafor_heparin.docx
heparin4metafor.xlsx
・metaforによるメタアナリシスの手順解説: 2015/4/25
・metafor解析用データ
heparin4cancer.cma ・CMA用データ
stata_for_heparin.docx
heparin4cancer.dta
・STATA(metan)によるメタアナリシスの手順解説: 2015/4/25
・STATA解析用データ
診断 mada_for_R.docx
biomarker_for_colon_cancer.xlsx
biomarker4metadisc.dsc
・R(mada)による診断検査精度のメタアナリシス: 2015/4/25
・診断検査精度のメタアナリシスのデータ
・Meta-DiSc用のデータ
追加資料K
●2 x 2 解析用エクセル
   ・Diag.xls
   ・Therapy.xls
・エクセルを使った2x2解析(診断、治療) 4.4.4章、追加資料G
●GDTの使い方:臨床疑問の優先順位の等級付け New!
   ・GDTの使い方-臨床疑問の優先順位づけ_0129.pdf
診療ガイドラインにおけるSCPOEの臨床疑問に関する優先順位の等級付けに関するGRADEpro GDTの使い方を解説しています(2016/1/29)。 4.4-6.2章
●RAND法による合意形成
   ・RAND-UCLA.xlsx
・合意形成の中央値、不一致率の計算(Excel)
Asymmetry indexの計算式を絶対値表示に修正しました(2016/1/5)
4.5.5.3章
●PRISMAチェックリスト-R New!
   ・PRISMA_2009_flow_diagram_R_20160713.docx
   ・PRISMA_2009_checklist_R_20160713.docx
   ・PRISMA_2009_checklist_evaluation_example-R.docx
PRISMA: Preferred Reporting Items for Systematic Reviews and Meta-Analyses
Prisma-statement.org/Translationsで本資料が公開されることになり、マイナーな変更をしました。

・PRISMAフロー図-R (revised 2016/7/13)
・PRISMAチェックリスト2009-R (revised 2016/7/13)
・PRISMAチェックリスト2009を使った評価例-R (revised 2016/7/13)
追加資料B
●診療ガイドラインチェックリスト
  • 信頼できる診療ガイドライン作成の基準(IOM)、評価例:
  • AGREE II日本語版とAGREE II評価例:「日本睡眠歯科学会ガイドライン」、
  • 診療ガイドラインを報告するためのCOGSチェックリスト、評価例:
  • GIN-McMasterガイドライン作成チェックリスト、評価例:
4.6.2.1章
追加資料-M
●GRADE利用を評価するための基準
   ・Minimum_criteria_for_using_GRADE.docxpdf
・GRADEシステムを利用したと言えるための最小限の基準
 (GRADEワーキンググループによる)
4.6.3章
●QUADAS-2チェックリスト
   ・QUADAS-2_checklist-j.docx
QUADAS: Quality Assessment tool for Diagnostic Accuracy Studies
・QUADAS-2チェックリストに関する日本語解説
5章、追加資料K
●GRADEワークショップ資料
   ・GRADE-Dx_workpackage_2012-j.pdf
   ・GRADE-Intervention_workpackage_2012-j.pdf
・GRADEワークショップ(診断介入用)
・GRADEワークショップ(治療介入用)
追加資料IJ
●ネットワークメタアナリシス(NMA)のガイド  
  GeMTC_for_NMA_antithrombotics.docx
   ・af4gemtc.xlsx
GeMTCを使ったNMA手順解説: 2015/4/25
・解析用データ
追加資料L
Metafor_antithrombotics.docx
   ・af4metafor.xlsx
Metaforを使ったNMA手順解説: 2015/4/25
・解析用データ
NetMetaXL_for_antithrombotics(R).docx
   ・antithrombotics4netmetaxl.xlsm
NetMetaXLを使ったNMA手順解説: 2015/4/25
・解析用データ

STATA_for_NMA_antithrombotics(R).docx


   1.antithrombotics4af2.dta(解析用データ)
   2.antithrombotics4af.do(do.file)
(do.fileは、Anna Chaimani(2015)を相原が、改変したものです)
"STATAを使ったNMA手順解説(改訂)": 2017/2/1
注:
1. NMA手法更新にともなう解説内容の変更のため書籍の内容とは値が異なっています。
2. 前バージョンでみられた解析の不具合は解消されたので、従来のonline materialは削除しました。参照データは、stataデータをアップしました。
3. do.fileは、STATA 13では文字化けすると思いますので、上記のWORDファイルを参照ください。