相原内科小児科医院

青森県指定 コロナ診療・検査医療機関

相原内科 外観画像

電話 0172-33-0055

マップピンのアイコン青森県弘前市青山3-8-2 マップを見る

時計アイコン診 療 時 間

診 療 時 間 日/祝
8:30~12:00●一般外来
/発熱外来(PCR)は11時まで
●一般外来
/発熱外来(PCR)は11時まで
●一般外来
/発熱外来(PCR)は11時まで
●一般外来
/発熱外来(PCR)は11時まで
●一般外来
/発熱外来(PCR)は11時まで
●一般外来
/発熱外来(PCR)は11時まで
-
14:00~17:30 ●一般外来/
自費PCR
- - - ●一般外来/
自費PCR
- -

コロナPCR検査の受付時間:午前11時まで

診療アイコン診 療 内 容内科(総合診療)、小児科、消化器科、循環器科、呼吸器科、血液科、など

コロナワクチン接種やコロナウイルス検査関連について

当院は、県指定 コロナ診療・検査医療機関です。

●当院は、“発熱患者の外来診療・検査体制に係る「診療・検査医療機関」”(都道府県等が認めた医療機関)として県の認可を受けており、COVID-19に対するPCR検査(検査は公費で無料)を実施しています。なお、社会経済活動の中で本人等の希望により全額自己負担で実施する検査(いわゆる自費検査)も可能です。

●当院はTeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター)の医療機関として、COVID-19のPCR陰性証明書コロナワクチン接種証明書日本語、英語)を発行しています。  経済産業省と厚生労働省が運営するTeCOT登録医療機関リスト

●当院では日本帰国時の待機期間短縮の緩和陰性証明を発行します【当日発行可】
2022年3月1日より、帰国時の待機・行動制限緩和が変更になりました。検疫所の宿泊施設での待機対象となっている国・地域(以下「指定国・地域」という)から帰国する方の待機については、厚労省の、「入国後の自宅等待機期間の変更等について」を参照ください。

★当院では、コロナ感染症疑いの患者は当院裏口を利用していますので、ご協力よろしくお願いいたします。

★コロナ感染者との濃厚接触者またはコロナ感染の疑いがある方(発熱や咳、咽頭痛、全身倦怠、嗅覚・味覚障害、下痢などの症状)は、事前に連絡してください。

インフルエンザワクチンは、費用や苦痛と効果のバランスを考え、8歳以下の初めての接種を除いて、9歳以上は1回接種としています。

コロナ検査依頼:下記電話連絡を優先

電話 090-9533-0055

(その後の連絡には下記アドレス)

コロナ検査専用アドレス

メールaihara.clinic@icloud.com

ワクチン接種予約:

電話 0172-33-0055

(PCR検査場所は、下の地図を参照)

検査場所

相原内科医院のコロナPCR検査数と陽性率(2022年1月より)

covid19_testing_2022
PCR positive rate

2022年お盆期間のコロナPCR検査

pcr_obon_2022

当院のPCR検査:スマートジーン(ミズホメディー)

covid_pcr_photo

2021年4月より導入。

全自動解析装置スマートジーン(リアルタイムRT-PCR検査:Reverse Transcription Polymerase Chain Reaction)では、鼻咽頭ぬぐい液・唾液を使って、1時間で陽性か陰性かの結果が判明します(検査が込み合っている場合には、数時間後となる可能性があります)。

本検査に関しては、厚生労働省と国立感染症研究所の検証で精度が確認され、新型コロナウイルスの検出について陽性一致率100%、陰性一致率100%として結果が発表されています。

海外渡航者のPCR検査も可能で、英文証明書発行を含めて所要時間は1時間です。

*行政検査ではなく、実費検査の場合の費用は20,000円で、証明書は3,000円です。

*当院では、陰圧換気下で、PCR検査を実施しています。機器を設置している床は、コロナウイルス不活化が高い「銅版」です。

*唾液の場合は、症状が出てから9日までの間で、鼻咽腔拭い液の場合より10~20%の感度低下の可能性があり、症状が出てから10日以後では、30~70%ほど感度が低下する、と言われています。
このため、当院では原則として鼻咽頭拭い液による検査を実施しています。

SARSコロナウイルス核酸増幅検査:ID-NOWインスツルメント(アボット社製)

id_now

2021年11月より導入。

PCR検査と同等の信頼度のあるNEAR(Nicking Enzyme Amplication Reaction)法を用いた「等温核酸増幅法」による検査機器で、13分以内で陽性陰性の判定ができます。

PCR検査を対照とした評価では、有症状患者における陽性一致率は94.6%、陰性一致率97.6%で、ウイルス量の高い(Ct値<33)患者での陽性一致率は98.4%です。

迅速性、簡便性が特徴のコロナ核酸検査です。

当院のコロナ抗原検査:SARS-CoV-2 ラピッド抗原テスト

SARS-Cov-2Ag

イムノクロマト法(ロシュ・ダイアグノスティックス)により新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の抗原を迅速に検出でき、約15分で結果が判明します

RT-PCR陽性検体(103コピー/ml以上)との陽性一致率は、94.1%です。
この検査は定性検査で、定量検査ではありません。

*行政検査ではなく、実費検査の場合の費用は10,000円で、証明書は3,000円です。

当院のコロナ抗体検査(定性、定量):

①クオリサーチ COVID-19 IgG LF(イムノクロマトグラフィー):定性検査

COVID-1gGx.jpg

SARS-CoV-2 のヌクレオカプシドタンパクを認識するヒト IgG 抗体を
検出するための半定量の研究用イムノクロマトキットです。

注:通常、抗体検査は、感染2~3週間後に陽性となり、定期的に抗体検査することで、感染していないことを確認できます。また、ワクチン接種後に陽性となります。

血液(全血)を使った検査で、15分で結果が判明します

抗体既知検体における検査精度は、感度87%、特異度100%です。

*検査費用は3,000円で、証明書(必要な場合)は3,000円です。


②SARS-CoV-2スパイク蛋白抗体検査(CLIA):定量検査

SARS-CoV-2 スパイク(S)蛋白質の受容体結合ドメインに対するIgG抗体を定量的に測定する外注検査です。

コロナ抗体検査に関しては、IgM抗体の定量検査も可能です。

血液(血清)を使った検査で、所要時間は数日です

*検査費用は5,000円で、証明書(必要な場合)は3000円です。

新型コロナウイルスワクチン接種証明書:

COVID vaccine

バイデン米政権は9月20日、米国に入国する外国人(日本人を含む)に新型コロナウイルスワクチンの接種を11月から義務付けると発表しました。外国人の入国者には米国行きの飛行機に乗る前に、ワクチンの接種を終えた証明書を示すよう求められます。

当院では、ワクチン接種証明書を15分で発行可能ですが、接種ワクチンの種類や接種日が記載された”接種済み券”を持参、もしくは事前に画像を送付してください

*接種証明書については、"海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧"を参照ください。

*接種証明書の作成費用は1,000円です。

インフルエンザワクチン接種:

WHO(世界保健機関)や米国では、生後6か月~8歳まで(9歳未満)が初めて接種を受ける場合は2回接種ですが、翌年からは毎年1回の接種を続けるよう勧めています。9歳以上は初年度から毎年1回接種です。

当院では基本的には、費用や苦痛と効果のバランス、あるいはワクチンを多くの人に接種することを考え、WHO/米国の方針(9歳以上は1回接種、8歳以下で接種したことのある人は1回接種、初めて接種する人は2回接種)でよいと考えています。ただし、基礎疾患のある児(慢性呼吸器疾患、心疾患、腎疾患、神経疾患、血液・代謝性疾患―喘息・糖尿病を含む、免疫不全)に関しては2回接種を推奨します。

しかし、ここは日本ですので、12歳以下2回、13歳以上1回でもよいと思います。患者さんのご希望によっては12歳以下の2回接種もできますので、希望される方は2回分の予約をとってください

当院について

●当院では、エビデンスにもとづく医療(Evidence-based medicine:EBM)に準じた医療の実践を心がけています。内科(外来診療のみ)ですが、県内外の医療機関と連携した医療を実施しています。

●海外の医師や県外の医師などと交流し、信頼できる国内診療ガイドライン作成の仕事もしています。

●診療内容例:消化管の透視・内視鏡検査や超音波検査、ウイルス性肝炎治療、血液疾患の診断と治療、など。

EBMに関連する指導をしています。(弘前大学医学部付属病院 非常勤講師)
相原内科医院
GRADEシステム
内科医のエビデンスに基づく医療情報

院長・略歴

昭和50年 弘前大学卒業(第一内科入局)
昭和55年

米国ノースカロライナ大学(UNC @ Chapel Hill)留学、3年間、血栓止血領域での研究。Thrombosis & Hemostasis Research

昭和63年 弘前大学第一内科講師
平成3年 弘前市立病院、成人病内科 科長
平成13年 開業の傍ら、EBM-ML開設(Clinic EBM)

平成14年

日本医療機能評価機構(Minds)
診療ガイドライン作成編集委員(H14-H18)

平成18年

The Cochrane Lib翻訳編集外部委員

平成18年

国立がんセンター,肺癌検診GL外部評価委員

平成19年~

GRADE memberとして、Gordon Guyatt, Holger Schunemann, Yngve Falck-Ytterがたとともに、GRADEシステム普及活動開始。

●GRADEシステム
●内科医のエビデンスに基づく医療情報(GRADEブログ)
●診療ガイドラインのためのGRADEシステム 第2版
●JAMA版、医学文献ユーザーズガイド(第2版)翻訳

平成29年

Guidelines International Network (G-I-N)メンバー。

平成30年

●診療ガイドラインのためのGRADEシステム 第3版
●JAMA版、医学文献ユーザーズガイド(第3版)翻訳

診療ガイドライン:

●JRC蘇生ガイドラン 2015
●ARDS診療ガイドライン2016
●日本歯科保存学会編 う蝕治療ガイドライン2020
●COVID-19薬物療法に関するRapid/Living recommendations 2020
●Japanese Rapid/Living recommendations on drug management for COVID‐19
(英語版:2021/5/4)

photo

医籍登録番号:225030

私の趣味です。
ゴルフでは過去3度のホールインワン。多色刷り浮世絵版画作成が第2の趣味で、彫り、摺りを含めてすべて自分で作成したものを、Webギャラリーに作品を公開しています。

SA

「SECURITY ACTION」の「★★二つ星」を宣言しました。

SECURITY ACTION <セキュリティアクション> とは...
「独立行政法人情報処理推進機構(IPA)」が、中小企業自らが、情報セキュリティ対策に取組むことを自己宣言する制度です。安全・安心なIT社会を実現するために創設した「SECURITY ACTION」に賛同し、当院は「SECURITY ACTION」の「★★二つ星」を宣言しました。これからもより一層の情報セキュリティ対策に努めてまいります。